おしえて!「紙の厚みのこと」

osiete_rogo
こんにちは!さわPです。
『おしえて!栄光さん!!』のコーナーです。

前回の『おしえて!「恥ずかしい本のタイトルのこと」』では
大変多くの反響をいただき、ありがとうございました🌟

今回もためになる話目指してがんばります(^▽^)


Q.栄光のセット内で使える「シルキーアイボリー18kg」って
本当に18kg…?
 ゼロが一個足りないんじゃないの?

栄光のセット商品の中で一番人気のサンバセット
フルカラー表紙にモノクロ本文、いまや同人誌の主流ですよね~
今回はこのサンバセットの表紙用紙として使われている「シルキーアイボリー18kg」という紙についてのお話です!

si18 ちなみにサンバセットの他にもほぼ全てのセットで使えます

他の同人誌印刷会社のセット商品を見ていると、大抵のところで扱われている表紙用紙といえばアートポスト180kgホワイトポスト220kgなど。
特殊紙にしたって、メジャーどころのシェルリンマーメイドも180kgとか160kgです。
同人誌を作った・手に取ったことがある人なら、紙質や厚みもなんとなくイメージできると思いますが…
じゃあ、シルキーアイボリーの「18kg」って

めっちゃ薄くね!?
トイレットペーパーかよ!?🚽

というようなギモンを、たま~に寄せられることがあります。(トイレットペーパーは冗談ですけども)

ですが実物を見てみるとなんのことはない、同人誌によくある感じの厚紙です。

ならどうして「18kg」表記なのか?
その答えは紙の種類にあります。

そもそも紙の厚みは何故kg単位なのかというと、その紙を作るときの一番大きいサイズ(=全紙)1000枚あたりの重さを厚みの目安としているわけです。

が、全ての紙がそうというわけではありません。
ひとくちに紙といっても、その中で「洋紙」「板紙」という区分があって、前述のアートポストやシェルリンなんかは洋紙ですが、シルキーアイボリーは板紙のほうに分類されます。

もっと厳密に言うと「紙器用板紙」の類。
「紙器」という字の通り、化粧品やお菓子のちょっといいパッケージなんかはもとより、ノートや雑誌の表紙などでも使われています。
http://www.jpa.gr.jp/p-world/p_kind/p_kind_01.html

洋紙よりも厚手でコシがあるものが多いため、この板紙の厚みについては、全紙100枚の重さで表記されることになっています。

・・・もうお分かりですね?😎

シルキーアイボリーは板紙なので、厚みは100枚あたりでの換算になります。
だから「18kg」という表記になるのですねー💡

けど100枚で18kgということは、単純に計算して1000枚なら180kg
ぶっちゃけ180kgと同じ意味なんです💥
単なる表記の問題です。

トイレットペーパーみたいなペラッペラの表紙にはならないので、ご安心ください(笑)


途中でURLを引用させていただいた、日本製紙連合会さんの「ペーパーワールド」というHP。
製造工程や紙の歴史など、興味深い内容がたくさんです!
よかったらアクセスしてみてくださいね♪
http://www.jpa.gr.jp/p-world/index.html

あなたの「いまさら聞けない・・・」小さなギモン、こちらからお送りください!
栄光さんがゆる~くお答えします☆

banner_osiete_2

さわP

この記事を書いた人

 / 記事投稿数:35
はじめまして!栄光スタッフのさわPです。 同人誌印刷会社の中の人 兼 同人作家として、眠れない日々を過ごしています☆

固定ページ一覧